CD03 中世巡礼物語 カテリーナ古楽器研究所
5dad2e5a220e7507ce3825dc

CD03 中世巡礼物語 カテリーナ古楽器研究所

3,300 JPY

About shipping cost

SOLD OUT

中世巡礼物語 カテリーナ古楽器研究所 再入荷しました。 大分 カテリーナ古楽器研究所を主宰するMirai Matsumotoさんと ヴォーカル Maikaさんのユニット baobabさん。 この「中世巡礼物語」は、カテリーナ古楽器研究所で製作された約20種類の菅・弦・打楽器をフルに使ったアルバム。 カンティーガ集から選曲し、12〜14世紀中世の楽曲で綴った全15曲。 ※カンティーガ 中世西洋音楽のひとつで、イベリア半島における単旋律の歌曲。頌歌(しょうか)ともいう。 中世巡礼物語 カテリーナ古楽器研究所 1. SALVE FESTA DIES ~村の少女のグレゴリオ聖歌~ 2. DES OGE <第1番 最も好む事は> ~旅立ち~ 3. Non Sofre SANTA MARIA <第159番 聖母マリアは盗んだ人を許し給われない> ~祭りの中に現れた街の変人~ 4. AMADRE DE JHESUUCRISTO. <第302番 キリストの御母に> ~心の祈り~ 5. E'DAM JOLIE ~哀しみを胸に~ 6. DOUCE DAM JOLIE ~異国からの風~ 7. Ductia 13c. ~爽やかな朝~ 8. Salterello14c. ~騎馬が走る~ 9. Kalenda Maya12c. <五月の唄> ~唄う水辺の少女~ 10. NAS MENTES <第29番心の内に> ~怪しげな雑踏~ 11. Como Poden Par Sas Culpas <第166番 その犯した罪ゆえに> 12. DEUS TE SALVE <第40番御身に神の救いあれ> ~祈りの夜~ 13. Ja Nuns hons pris <リチャード獅子神王> ~囚われの身の嘆き~ 14. Plinn ~星は巡りて~ 15. BEN SAB <第179番 聖母はよくご存じ> ~終わりなき旅路~ ​ baobab 2004年結成。Maika (歌 / fiddle) と、古楽器製作家でもある松本未來を中心としたアコースティックサウンドを奏でる兄妹。ものづくりや土に根ざした生活の中から生まれる音は、トラッド、古楽、フォークを自由なアレンジとスタイルで表現される。2007年のニュージーランド全20公演の海外ツアーを経て4枚のアルバムをリリース。自主制作でつくられたアルバムはインディーシーンでロングセラーを記録。CM、映画への楽曲制作も行う。これまでに数多くのミュージシャンとも共演を重ねる。カテリーナの森で、森全体を自らデザインし、自然環境と人、音楽やアートと暮らしの融合をテーマにした音楽祭”Sing Bird Concert"を14年間主催してきた。 その活動は多くの共感者を集め、地域からの表現発信の核となっている。​ 現在、haruka nakamuraと新たな作品を制作中。 https://www.baobab-csf.com ※CD単品でのご注文はDM便発送となります。